Mac Book Pro Retinaの解像度

先日、Mac Book Pro Retinaを購入したのですが解像度についてです。

僕は1920×1200で使用しています。

 

PhotoShopなどを使っていて、やはり1440×900の作業領域は狭いかな、と感じました。

 

また、Adobe Creative Cloudを導入したところ、アプリケーションがRetinaに対応していないためにボヤけてしまって使いづらく感じました。

ほかにもGoogle日本語入力の検索候補もRetina対応していない(2012/08/31時点)ため、かなりボヤけます。

 

それが1920×1200にするとあまり気にならなくなります。

結構自然に使える、という印象です。

 

 

正直、発表されたときはにわかには信じがたかった解像度ですが、こうして目にするとさらに信じられません 笑

そもそも15インチの画面で1920×1200もよく考えるとすごいですよね。

 

開発面だとMacBook Airの11インチでコードを書いていたので、Xcodeは広大に見渡せるし、StoryBoardとの行き来も楽なんじゃないかと思っています。

アプリの二作目、そろそろ取り掛かろうと思っていますが、まだアイデアが出て来ません。

 

なのでCreative CloudいじってるんですがAfterEffectsの3D、素晴らしいですね。

ちょっといじったんですがパスの押し出しは使いたくなっちゃいます。

 

一つだけ。

1920×1200は文字ちっちゃいです。ここまで書いて目が疲れました〜 笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中