PhotoshopがRetinaに対応

MacBookのRetinaシリーズを使ってる方には朗報ですが、Retina対応のアップデートが始まりましたね。んなわけで取り急ぎ比べてみました。

画像

僕は画面の解像度をRetina最適ではなく、1920×1200に拡大して使用しているので上の画像のように、初見ではそこまで大きな違いは感じませんでした。

5分ほど使ってみたのですが、使う時間に比例して効果を実感できるのではないかと感じています。やっぱり目が疲れにくいです。

やはりPhotoshop、Illustratorを最優先でアップデートしてきましたね。After Effects、Lightroomなども早く対応してくれるとありがたいですね。

 

やっぱRetinaは使っていて気分がいいっす。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中