使っていないiPhone4のバックパネルを取り替える -大失敗篇-

去年、iPhone5の発売2日後からiPhone4を使っていなかったので有効活用をしたいと思い、とりあえずヒドイことになっているバックパネルを取り替えようと思い立ちました。

ヒドイことになっているiPhone4はこちら

130105_blog1

自転車に乗ってた時にコンクリートの地面に落としてしまってバッキバキなんです。はい。

もう怖くて裸運用なんて出来ないわけです。触らぬ神に祟りなしな訳です。はい。

 

とりあえずAmazonで検索して素敵なバックパネルはないか物色。

そんでリンゴマークを光らせることができるモノを発見。男の子なら目がキラキラしますねぇ。アイアンマンみたいだなぁ。ポチ。

 

届いたのがこちら。結論から言わせてもらいますとタイトルにもあるように失敗して諦めてますんで、これから先を見ても参考にはなりません。

130105_blog2

上段左から、画面を拭くクロスと保護シート、交換用バックパネル、説明書。

下段左からピンセット、ドライバー、ライトパネル。

とりあえず説明書を読むと入っているはずの両面テープが入ってないんです、、、。まぁ、両面テープなら買えばいいか、なんて軽い気持ちで作業スタート。

まずは、下のネジを取り外してバックパネルを取り外します。このバックパネルはスライドして外すんですけど、このバキバキの背面を見ればスライドさせることがどれだけ怖いか分かっていただけるでしょう。でもなんとか取り外し成功。

 

 

 

130105_blog4

なるほど。いや、キレイな内臓。

 

安全のためバッテリーを繋ぐケーブルを外す。

130105_blog5

順調に分解を進める。

 

 

130105_blog6

ライトパネルをつなげるための場所の作業も順調に。両面テープは100円ショップで買ってきたものを使用。

130105_blog7

 

見づらい説明書を参考になんとかケーブルを繋げてみたのですが、ライトパネルは一度も発光せず。2時間ほど試行錯誤してみたもののダメでした。

気分転換にラーメンを食べにでかけて帰ってきたらどうでもよくなり、リンゴマークが透明だから赤いビニールテープを貼っておきました。

 

なんだか何年か前にあったiPod U2 Special Editionっぽくてかっこいいじゃないですか!

そうやって自分を誤魔化します。

130105_blog10

 

 

とりあえず裸運用ができるので良しとします。ネットを見ればちゃんとできてる人がたくさんいるので僕が不器用で諦めが早いということですね。

開発のテストのことも考えると画角の異なるiPhone4は触れる状態で復活させておきたかったのです。また壊れるようなことがあったらリベンジしようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中