ARTISAN&ARTISTのカメラストラップ

一眼レフを使い始めて早くも3年が経ちます。といっても完全なアマチュアなんですけど。

機種の選定から始まり、カメラの使い方もロクにわからない状態からスタートしたので本を読み込んだりして手になじませるような感じで大量の失敗を繰り返しながらの3年でした。

 

カメラについて学んだことは意外にも趣味にとどまらなかったりして、写真以外にも映像周り、CG、アプリ開発等々、役に立っていたりします。そもそもカメラ用語が分からないと一時停止せざるを得なくなってしまいますし。

ほかにも一眼カメラが一般的になってきた今、これからカメラを始めようとする人に対していろんなアドバイスが出来たりします。機械に弱い人はセンサーについてあまり意識していないことがあるのでフォーサーズとAPS−C、フルサイズの違いくらいは教えてあげたいです。

それでも「何を撮りたい?」という質問って、まだカメラを持っていない人に対してはあまり適切じゃない気がします。ファインダー通して初めて興味が湧くものとかあったりするワケで、その辺が難しい気が。何にせよ使ってみないことには始まらなということなんでしょう。

 

僕は普段カメラを使うときの設定とか装備は決めています。

・レンズは換えるのが面倒なので明るくてキレイな標準画角の単焦点一本

・SDは動画も撮れるようにClass 10を使用、万が一失くしても被害を分散できるように8GBを2、3枚

こんな感じにしています。去年ベトナムに行ったのですが、その時もこの装備。

 

もちろん広大な景色を見た時に広角レンズだったらとか、遠くにわずかに見えるものに寄ってみたいという思いはありますが、自分の足で歩いて感じたままにシャッターを切るのって記録として残す以上の価値があると思っているので、不便さを感じつつも続けていくのかなと思います。

 

130127_blog

やたらと前置きが長くなりましたけど。使っているカメラストラップです。

3年前にカメラを買った時、Cannonのストラップじゃない方がいいな〜なんて思っていた時にネットで発見。銀座の松屋に入っていたので買いに行きました。

でも(確か)メイクボックスしか店頭には置いてなかったのでお店の方に聞いて、在庫を出してもらって決めました。

それ以来、変えることなく使い続けています。

 

シンプルで飽きのこない、主張し過ぎないデザイン。割と飽きっぽくて新しいものに変えたがりなんですけど、このストラップはは変えたいと思ったことがありません。

カメラを買い換えてもこのストラップだけは買えない気がする。

 

そんなお気に入りの一品です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中