勝ち続ける意志力

Kindleを使って本を読む量がすごく増えた@mo_to_44です。

 

最近いろんな本をたらい回しにして読んでいる感じですが、案外内容を忘れることはないですね。人間の脳は電話番号とかランダムな数字の並びとかを覚えるのは苦手ですけど。ストーリーがきちんとあったりして筋道が立って入れば覚えておくことは苦手ではないと最近読んだ本に書いてありました。

 

さて、今回読んだのは日本初のプロ格闘ゲーマーの梅原大吾さんの「勝ち続ける意志力」です。

130421_blog

正直、今はゲームをほとんどやりません。もちろん世代ではあるのでストリートファイター2なんかは結構やりました。リュウを使っていたのを覚えていますし、昇竜拳や波動拳の出し方くらいは分かります。

 

ぶっちゃけた話をすると、なぜこの本を読み始めたのかさえも分かりません。

とか書いてて思い出したんですけどKidleのセール品で出てたからでした、、、。でも結果的に読んでとても良かったなと思いました。

 

以前、世界一のパティシエ、小山進さんの「丁寧を武器にする」について書いた時も感じたのですが、やはり一つのことを掘り下げて、そこから大きなモノの見方をできる人は素晴らしいなと思います。

 

きっと仕事ってそうやって関わっていくものなのではないかと感じています。いろんな人がいて、いろんな趣味を持っていたりするので個々人の嗜好については意見が分かれることがありますが、仕事というフィルターを通して尺度をならすことで社会への関わり方を見つめることができるのではないのかと。

 

例えばこんなことが書いてありました。

何かを身につけたいと思うのであれば、丁寧に、慎重に、基本を学ぶべきだ。下手なうちから独自の取り組み方をしたり、自由に伸び伸び練習したりすると、最終的に底の浅い仕上がりになってしまう。

 

これはあらゆることに当てはまると思います。スポーツであれ勉強であれ仕事であれ、これに当てはまらない人間の活動って見つけるほうが難しいのではないでしょうか。

 

基礎や基本の上に自分なりの色を出せるようになれば、一気に成績は伸びる。時間をかけて積み上げてきたものが開花して、その人ならではの強さが出る。

 

この自分ならではの強さを出すということにこそ、その人の個性に変容していくのだと思います。おそらく、何か仕事なりスポーツをしていて同じようなことを考えていたという方もいらっしゃると思います。

しかしゲームをやっていてこの考えに至るということは僕には想像できませんでした。どんなことでも、掘り下げていけばなにか見つかるとは思ってはいましたし、昔はそれなりにゲームを好きでやっていてドラクエ5なんかはモンスター全種類を仲間にするまでやりこんだつもりでしたが、そこまでの考えを持つことができるようになるとは想像できませんでした。不明を恥じます。

 

きっとどんな人にでも読む価値があると思います。「でもゲームでしょ?」と思ってしまう方は書道なり、ダンスなりに読み替えてみるといいかもしれません。

 

一つのことを掘り下げて社会全体、人間を見るということの大事さが分かる本だと思います。

福岡・天神「一蘭」の「釜だれとんこつラーメン」

旅行に行ったものの特にすることもなく、ふらふらした日。

とりあえず思いついたのがホークスの試合を見ることだったのでヤフオク!ドームへ。(ヤフオク!ドームってなんか面倒な表記だよな)

130420_blog0

この日は先発・武田が不調で四球を連発したものの打線が強力に援護してロッテに大勝。

という雰囲気が読めたので途中で球場を後に。両隣ともお一人様の女性で、こういうファンが球場に足を運んでくれているということがホークスの人気の高さを垣間見た気がしました。

 

球場を後にし、天神へ。とりあえず一蘭の釜だれとんこつを食っておかねばならないだろうと思いまして。

しかし、天神はいいところですね。東京で言ったら渋谷?なのかな。福岡から出てきた友達が全然遊ぶところがないとか聞いてたんですけど東京と変わらないじゃないですか。

むしろ食べ物は天神の方がおいしい気がする。

 

さて、バッチリお店の外観を撮るのを忘れて店内に。釜だれとんこつにチャーシューをトッピングすることにしました。

130420_blog1

オーダーはよく分からないので基本ベースに。というか狭いっすね。席が。

 

130420_blog2

しばらくしてできてたのがこちら。

なんですかこれは。カツ丼ですか?

この重箱、写真で見たことはあったのですが想像していた以上にしっかりしている。完全にいい仕事してます。

 

130420_blog3

パカっと開けると中にとんこつラーメンが。なるほど。

麺の盛り方も上品でとても美味しかったです。でもコッテリ度は普通にしたはずなのにかなり濃厚に感じました。軽く胸焼けするほどに。

考えたらあんまりとんこつラーメンとか味の濃いものを食べないのでちょっとビックリしちゃったんでしょう。

 

あとで福岡の方に聞いたら一蘭はそんなにこってりじゃない、とか言っていたのが僕にとって衝撃でした。

一応、一蘭は都内にもありますが釜だれとんこつではないみたいですね。ということを後で知ったので福岡らしいことを一つできたことに安堵しました。

 

ちなみにこの後、現在福岡に住んでいる友達と博多駅の地下で飲んだ後、中洲へ向かって屋台で飲み直しているうちに北海道から来ていたカップルと仲良くなりハシゴするという、これぞ旅の楽しみ!という展開があったのですごくいい思い出になりました。

 

こういうことがあると毎週でも遠出してみたくなりますね。旅はいいなぁ。

福岡・大濠公園「らるきい」の「ぺぺたま」

3日ほど福岡に旅行に行ってきました。

なんで行ったかというと、小学校、中学校のころの友達が3人ほど福岡に住んでいて、その中のひとりに「来なよ!」って言われたので行ってきました。

 

というわけで観光のつもりで行ったのですが、「きっと友達が案内してくれるだろう」と考えていたために全くノープランでカバン一つで行ってきました。

ところが問題が発生して、2日目の昼間に遊ぶはずだった友達が体調を崩してしまいフリータイム。

 

どうしようかと考えて、会社の上司が以前福岡に遊びに行った際に訪れていた「らるきい」というお店を訪れてみることにしました。

日曜日の12時すぎに行ったのですが、確か30人ほど並んでいました。パスタ食べるなら博多ラーメンとか長浜らーめんとか選択肢があるからやめようかと思ったのですが、とりあえず食べることに。

 

んで、「ぺぺたま」です。

130418_blog

 

ペペロンチーノとカルボナーラを合わせたようなパスタ。結構有名なので真似レシピがネット上に出回っています。上司が教えてくれて家で一回試してみたのですが結構良い味出ました。

それでもホンモノは違いますね。コッテリな味なんですけどペロリと平らげてしまいました。うまか〜!

 

なんかカメラを取り出すのが面倒でこれ一枚しか撮りませんでした。食い気満々。

 

ネット上のレシピを真似してもそれなりに再現できると思いますが、おそらく、おそらくですけど白身と黄身が完全に混ぜらない程度に混ぜるとホンモノに近づくのではないかと思います。

福岡に住んでいたら時折通うだろうな〜、というお店です。

4月15日は「42」の日です

見出しではさっぱり分かりませんが、4月15日はMLBにとって特別な日です。さっぱり知らない人のために短めに説明します。興味を持ったらWikipediaとかでさらに調べてみてください。

130416_blog

 

この日は人種の壁=カラーバリアを打ち破ることになるジャッキー・ロビンソンがメジャーデビューをした日です。

時は1947年。第二次世界大戦が終わって間もないころです。当時のメジャーリーグは白人だけで試合をしていました。

とても長くなってしまうので割愛しますが、様々な縁や人間ドラマ(僕はこの人間ドラマを涙なしに読むことはできません)の果てにジャッキー・ロビンソンはメジャーデビューを果たします。

ところで、なぜ「42」の日かと言うと、1997年4月15日、デビューから50周年の日にMLB機構がジャッキー・ロビンソンの功績をたたえ全球団の背番号42を永久欠番にしたのです。

日本に来る外国人選手は背番号42をつけることが多いですが、それはメジャーでつけることができない背番号だからかもしれません。あるいは、日本人ばかりの環境でジャッキー・ロビンソンを思い出して自らを奮い立たせるためかもしれません。

今季限りでの引退を表明していて、イチローのチームメートでもある、メジャーリーグ史上最多セーブ数を記録しているマリアーノ・リベラは背番号42を常につけています。これはルール制定前から背番号42をつけていたので特例でつけ続けて良いということになっているのです。

ルール制定時はリベラ以外にも42をつけている選手がいましたが、リベラ以外に残っていません。2014年シーズンからはいよいよ本当に4月15日以外に背番号42を見ることができなくなります。

今年、ジャッキー・ロビンソンの伝記映画「42」(原題)が公開されます。僕の知る限り日本での公開の話がないのですが、これは是非やってほしいです。名前をそのまま題名にしても良かったのかもしれませんが、やはり「42」という数字が特別なものであるということが分かります。

いつも思うのは、ジャッキー・ロビンソンがいなかったら人種の壁が取り払われるのにもっと時間がかかったかもしれません。イチローも行けなかったとは言わないまでも、ジャッキー・ロビンソンが途中で挫折したり、差別に屈してしまっていたら、全盛期を過ぎた頃に行かざるを得なかったかもしれません。WBCも小さなものだったでしょう。いや、もしかしたら野球自体がものすごく小さなスポーツとなっていた可能性もあります。

知っていてほしいことは「なぜ42を着けているのか」ということです。今や当たり前のこととしてやっていることを、本当に命懸けで築きあげてくれた人物がいたということを忘れないためなんです。

メジャーリーグファンにとって特別な日なんです。

色々デカいぞ「cheero Power Plus 2 10400mAh」

今週末に旅行に行くのでモバイル類のバッテリーが心配で心配でなりません。

ということでamazonで一位を獲得していた「cheero Power Plus 2 10400mAh」を購入。去年ベトナムに旅行に行った際、当時使用していたiPhone4のバッテリーが切れかけて道に迷ってしまう所で一応持っていたしょぼいモバイルバッテリーに助けられた経験があるので、次に旅行に行くときは買い換えようと思っていました。まぁ旅行先は国内なので、言葉がわからないとかのプレッシャーはないのでですが一応。

 

130412_blog1

はい。2です。続編です。ボケて見えませんが「iPhone フル充電 約5回」って書いてます。5回フル充電できたら何の心配もなく地図アプリ起動出来ます。せせこましくバッテリーの節約とか考えないで済みますね。

しかも2台同時充電も可能。すごいな〜。セレブだな〜。

 

130412_blog2

なかなか悪くないポーチが付いてました。これだけでした。それと見えてないけど説明書。シンプルです。

箱を開けた時に、こう、フワッと、あのMacBookの箱を開けた時のようなにおいが漂ってきました。

 

130412_blog3

底面はこんな感じです。Nameって入れる必要あったのだろうか。入れないといけないのかな?

 

130412_blog4

大きさはこんな感じです。iPad miniとKindle paperwhiteは微妙にわかりづらいですが、iPhone5の幅を少し広くした感じです。

バッテリーが大容量なだけあって、重みはそこそこあります。

 

130412_blog5

厚さはこんな感じ。iPad miniとiPhone5を重ねてもまだ厚いです。一番右の2.1AポートでiPadの高速充電ができます。

と開封レビューをしてみたものの、まだ一回も使っていません。なので、どうだとか特に書けないんですけど安心感はすごいです。この虎の威を借る狐感というか何というか。

 

ちなみにアマゾンで2980円です。安っ。

「安いのでとりあえず買っておくか」という方もいらっしゃるかと思いますが、amazonのレビューもたくさん書かれていますので一読されてから購入されることをオススメします。

というかレビューがなかなか充実していて、LEDがどれくらい保つだとか、実際は何回充電できるだとか。すごい。繰り返しますがぜひ一読を。

 

さて、久しぶりの旅、心配事が一つ減って一層楽しみになりました。

 

 

Kindleが変えた読書

熱しやすく冷めやすい@mo_to_44です。

最近は読書に熱が来ているらしく、ちょっとした時間を見つけては本を読んでいます。楽しいです。

普段からiPad miniとKindle paperwhiteを両方とも持ち歩いていますが、やはり本を読むのはKindle paperwhite。

「いや無駄でしょ」とか思うかもしれませんが、やっぱり全然違います。

断言します。本を読むならKindle paperwhite。

130409_blog

 

僕なりの使い方はこんなかんじです。

1)何冊も同時に読む

2)何でもいいから読む

3)迷ったら買う

 

挙動不審な使い方です。

まず1についてですが、これは非常に飽きっぽい性分なので、こうなってしまうんです。でも、電子書籍だと嵩張らないので困らない。Kindleが読書の進捗度がパーセンテージで表示されるのですが、だいたい5%読んだら飽きてます。紙の本を読んでた時は飽きたらネットのニュースを読むなどしていたのですが、今はすぐに別の本に切り替えます。

こんな感じで読んでいると、一日の読書量はそこそこに増えます。僕は読むのが遅いのですが、それでもスキマ時間の読書を繋ぎあわせて1/2冊は読んでいる感じだと思います。前だと1/3がいいところだったと思います。違う本を切り替えながら読んでいるので全然飽きません。暇があればとりあえず見ていたfacebookもほとんど見なくなりました。

 

2の理由も飽きっぽいことが原因です。いろんなジャンルの本を切り替えて読むことで新鮮な気分になれます。一つのことをずっと続けていられるタチではないのです。

3がこれに関連してくるのですが、Kindle paperwhiteのホームにはセール品が表示されているのですが、そこをチェックして興味がわいたら買っています。伊坂幸太郎のゴールデンスランバーもお手軽な価格になっていて、以前から読みたいと思っていたので迷いつつもポチりました。「これはいい機会だ」と思うことにしています。

 

とりあえず特筆すべきは、「本屋さんでセールはないけどKindleストアはセールがある」ということでしょう。電子書籍の読み方にさえ慣れてしまえばいろいろな制約から解き放たれます。

荷物が軽くなります。掘り出し物のセール品にめぐり逢えるかもしれません。暗闇でも苦なく読むことができます。慣れるが価値、だと思います。

 

 

Incase / BEAMS PACK2を買ってみた

仕事でもiPhoneアプリ開発でも使用するためMacBook Pro 15インチを常に持ち歩いてます。

最近ずっと悩みだったのは、いつも使用しているボストンバッグだとなんだか疲れること。やっぱり片手で持つことになるのでバランスが悪いな〜と思っていました。

 

んで、バックパックでも買おうと思ってZOZOTOWNを見てたらMacBook入れるのにピッタリなバッグがあったので衝動買いしてしまいました。

IncaseとBEAMESのコラボのIncase / BEAMS PACK2です。

画像

色はグレーとブラックで2色あったのですがブラックにしました。グレーも捨てがたかったな。

 

130402_blog2

IncaseとBEAMSのロゴが控えめに入ってます。

 

130402_blog3

中はBEAMSオレンジ!見た目そんなに大きく感じないんですけど色々入ります。

外に出る時はだいたいこんな感じです。ノート、本1冊、Kindle paper white、iPad mini、MacBook Pro Retina 15インチ。これだけ入れても余裕があります。

正直、全部持ち歩く必要はないので前のバッグの時はKindleは持ち歩いていませんでした。でも、やっぱり本を読むのに一番適しているのはKindle paperwhiteだと思っているのでこのバックパックにしてからは必ず入れている感じです。

 

130402_blog4

一番外側のポケットはMacBook Pro 15インチにピッタリのサイズ。その内側のポケットはiPad miniとKindle paperwhiteを横に並べてピッタリ。なんて都合がいいんだ。

以前MacBookはケースに入れてたんですけど、このバッグのインナーの素材が衝撃を吸収してくれそうなのでケースはいいかなぁ、なんて。

でも落としたらダメージはあるはずなので自己責任ということで。

 

それと出し入れする時に注意していないとバッグのジッパーにジャリジャリッと当たってしまうので神経質な方は要注意です。

それが嫌であればケースに入れたほうが無難でしょう。

 

130402_blog5

外側のポケットはご覧の場所にあります。それぞれ大きくはないですけど役割を決めて使えば便利だと思います。

僕は一番上のポケットには蛍光ペンとか入れてます。

 

 

一週間ほど使ったのですが、あまり大きくないし出し入れも楽で良い感じだと思います。

あ。ちなみに撥水コーティングのキャンバスを使用していますが、下の部分は本革なのであまり濡らさないほうが無難かと思います。

そもそもパソコンとか入れてるわけなので、びしょ濡れにする人などいるとは思いませんが。

 

ガジェットは好きなんだけど、ファッション性も損ないたくないなぁ、って方にオススメかもです。