RICOH GRで食べ物を撮りまして

GRを買ってから説明書を読み込んでいる@mo_to_44です。

さて、夜景はこの前撮ってみたので、食べ物はどんな感じでいけるのかと。

ちょうど飲みなどで外食の機会があったのでいくつか撮ってきました。

 

食べ物 その一

130531_02_blog1

鮎の塩焼き。

 

食べ物 その二

130531_02_blog2

海鮮和風オムライス。

 

食べ物 その三

130531_02_blog5

ビール!ビール!

 

食べ物 その四

130531_02_blog4

サラダ。

 

食べ物 その五

130531_02_blog3

カルビ。

 

こんな感じです。元々うまそうなものばっかりなんで、うまそうなのも当然なんですけど、やっぱいいっす。GR。

主張しない取り出しやすいサイズ。一眼だとちょっと仰々しくてカメラを出すのを控えてしまうんですが、サッと取り出してサッと撮れてしまう。

こういうのを待ってました。食べ物の写真増えそうだなぁ。

 

UP by JOWBONEとRunKeeperでランニングをしてみて

来月、館山わかしおトライアスロン、略してタテトラに参加する@mo_to_44です。

全然トレーニングをしていないのにもかかわらず、WWDC参加で丸一週間トレーニングが出来ないのではないかとビクビクしています。

そんなこんなで最近追い込み気味でトレーニングをしていますが、正直完走できるかどうか、、、。

 

 

UP by JOWBONEとRunKeeperの使い分け

それはさておき、外を走る時はRunKeeperを使用しています。

一方、ジムなどでのトレーニングの際にはUP by JOWBONE(以下UP)を使用しています。UPは自分の睡眠時間を把握して体調を判断するのにとても役立っています。

僕のトレーニングは、基本的にジムで行います。トライアスロンはスイム、バイク、ランの3つを順番にやっていきます。

なので、3つを一つの場所で済ますことができるジムでのトレーニングが多くなります(ただ、本番はアウトドアなので弊害もあると思います)。

 

 

ん?距離が…

ジムでのトレーニングでは、ランニングマシンで距離を把握できるのであまり気にしたことがありませんでしたが、外でランニングした際に気になったことがありました。

130531_blog2

 

130531_blog1

距離が結構ずれるんです。1.17kmって結構大きな差ですよね。

なんとなくRunKeeperの方が正しい気がするんですが。

 

僕は、正直そこまで完璧な正確さを求めていないので、困るとは思っていませんが、これくらいの誤差は修正したいですね。

 

 

なんて思ったら設定方法があった

調べたらありました。割と基本的なところですもんね。ないはずがない。

設定は以下のとおり。

 

130531_2_blog1

画面をヨコにスライドさせて”設定”をタップ。

 

130531_2_blog2

次に”リストバンド設定”をタップ。

 

130531_2_blog3

すると歩幅に合わせてUPを設定することができます。

欧米の人の体格に合わせて設定されているのでしょうか。

 

僕はまだこの設定を試していないのですが、やってみたらブログに書いてみようと思います。

RICOH GRで夜景を撮りまして

WWDC2013へ参加した際にはGRでサンフランシスコの夜景も撮りたいと思っている@mo_to_44です。

GRを買ってから毎日写真を取っています。

 

最近あんまり写真を撮っていなかったこともあって、気軽に持ち歩けるGRはかなり気に入っています。

胸ポケットにもギリギリ入れられるサイズなので街歩きの際にとても重宝します。

先日、夜の渋谷に繰り出した際に時間ができたので何枚か撮ってきました。

 

渋谷の夜景 その一

130530_blog1

両方ともワイドコンバージョンレンズ付けて撮りました。Lightroomで現像。

中心というか、やはりココは撮りたくなってしまいますね。渋谷という街の騒々しさがよく表れている場所だと思います。

 

渋谷の夜景 その二

130530_blog2

 

日曜の夜だったからか意外と車の通りが少なかったです。個人的にはかまぼこ屋根がSF感を演出しているように感じていて好きです。

 

 

感想

いいですね。まだ絞りなどを調節するダイヤル式のUIに慣れていませんが、手に馴染んできた感じがします。

ホワイトバランスとエフェクトを組み合わせると結構面白い写真になったりするところも気に入っています。

ただ、何よりもこのサイズでこの描画力はビックリしますね。

 

いいですよ。GR。

ロッテリア「麺屋武蔵ラーメンバーガー」

変わり種に飛びつきたくなる心境って人間なら誰しもありますよね。

ロッテリアのラーメンバーガーを食べました。

 

これが「麺屋武蔵ラーメンバーガー」

130529_blog1

ラーメンバーガーと特製スープのセットです。

お値段は634(ムサシ)円です!

 

130529_blog2

スープに具は入っていませんでした。まさかハンバーガー屋で和風スープを飲むことになるとは。

次は味噌汁を出してくるんじゃないかとビクビクしてしまいます。

 

主役のラーメンバーガー

130529_blog3

バンズに麺を挟むという斬新なスタイルに加えて大きなチャーシューがドカッと鎮座しています。非常に食べにくいです。

そして濃厚なタレが残念ながら僕の口には合いませんでした

 

麺の替え玉もできるとのことですが、どうやって挟むのでしょう?特製スープに入れるとか?

おそらくこれはロッテリアから我々顧客への挑戦と受け取っても良いのではないかと思います。

 

たくましいチャレンジ精神を感じるこのラーメンバーガー。一味も二味も違います。違いすぎます。

数あるハンバーガーチェーンの中でも斬新さでは際立っているロッテリア。これからもそのチャレンジに注目したいです。

「インド人完全無視カレー」を食べまして

最近カレーが大好きになって、やはり日本人だなと再確認しました。

 

とりあえずチキンなのかビーフなのかとか一切わからないパッケージ

そんな折、いつものようにネットサーフィンしていたら発見したのがコレ。

130528_blog1

おいおいおいおい。無視するなんてヒドイじゃないかって話なんですけど、完全にマーケティングにやられましたね。

しっかり作りこんであるHPが面白くて気がついたら頼んでいました。完全に罠にハマりました。

 

 

んで、味はどうなんだ、と。

130528_blog2

うん。ふつうに美味しい。

というか、インド人完全無視してまで日本人の味に合わせたのに美味しくなかったら失礼極まりないですよね。

 

でも、ほんとうに美味しかった。トムヤムクンの具のようなものも確認できて完全に多国籍料理でしたね。

あと2箱あるので楽しみながら食べようと思います。

 

パッケージ気合入りすぎ

 

130528_blog3

パッケージのクオリティがすごく高いんですよ。ちょっと高めの値段なのは、このパッケージのせいなんじゃないかと思いました。

でも話のネタにもなって、なおかつ美味しくて、レトルトだから保存食にもなります。

 

面白半分で頼んだんですけど、周りの人にネタも提供できたし満足度は高いです。

コレ考えた人センス良いな〜なんて思います。

AmazonでビーストウォーズのDVDセットが販売中!

メカメカしいSFが大好きな@mo_to_44です。

 

伝説のアニメ「ビーストウォーズ」

さて、僕が小学生の時に伝説的なアニメがありました。「ビーストウォーズ」です。

思えばこのアニメをきっかけスター・ウォーズなどに興味をもつようになったと記憶しています。

毎週放送する番組がフルCGなんてのは僕には衝撃だったことを覚えています。ファイナルファンタジーシリーズ初の3DCGであるFF7が出たばっかりのころで衝撃を受けたばかりでしたからね。

後に米国で放送されたものをまとめたものだと知ったのですが、驚きは色褪せませんでした。声優陣のアドリブもとてもおもしろくて、友だちと一緒に毎週すごく楽しみに待っていたのを今でも覚えています。

 

 

レンタルされていない、、、!

たまにTSUTAYAでレンタルされていないか探しに行くのですが、ないんですよね、、、。

VHS以外を見たことがなく、時折見返したいと思ってもYouTube以外で見ることができませんでした。

もうVHS置いてる店なんてありませんしね。

 

 

Amazonで去年末から販売が再開されていた!!

1年に一度くらい、あのOPテーマを聞きたくてYouTubeを覗きに行くのですが、そこのコメント欄に”今ならアマゾンで買える!”というのを発見!

もうすぐに検索!

 

130527_blog

 

 

ありました、、、!

ありましたよ、、、!

すぐポチりました!

 

メタルスシリーズもポチりました。うわ〜。めっちゃくっちゃ楽しみ。

コンボイやラットルたちにまた会える日が来るなんて!

iPad miniに入れて持ち歩くようにしよ。

iPhone 5 を交換してもらいまして

以前、カメラにゴミが入って困っているということを書きました。

 

アップルストアで交換

それからしばらくほったらかしにしていたのですが、とにかくその間写真を撮る気になれませんでした。

その割に約4ヵ月も放置していたのですが、旅行に行く機会ができて思い出をキレイに残そう、という気分になったのでアップルストア渋谷に行ってきました。

 

 

症状を診断してもらう

130527_blog

ジーニアスバーでカメラにゴミを入っている旨を伝え、本体にヒビなどの大きな傷がないことを確認してもらい交換ということになりました。

時間は10分をかからない程度で終わりました。とてもスムーズに対応していただきました。

ただ、交換をしてもらう際にとても重要なことがあります。バックアップです。

 

 

バックアップを忘れないように!

これはとても大事なことです。iCloudを使用していればそこから復元することができますが、無料で使えるのは5GBまで。そこから先は有料です。

僕は契約していないので、母艦のMacにバックアップを取ってから交換に向かいました。

 

iOS5からPCなしでもiPhoneを使用開始できるようになったので、PCにつなげたことが一度もないという方とたまに話すことがあります。

正直、バックアップが全くないのは危ないと思うので、PCかiCloudどちらか一方でもバックアップはとっておくべきだと思います。

消えてからでは遅いですからね。特に連絡先、写真などは取り返しの付かないことになるので絶対にバックアップをとっておくべきだと思います。

 

 

交換の際はバックアップを忘れない

とにかくこの一点です。バックアップさえ取っておけば、交換対応になっても中身はすぐに自分のiPhoneに戻ります。

交換してもらったiPhone 5は前のようにとてもキレイな写真が撮れるようになってとても気持ちがいいです。

ゴミが入ってしまっていた時の3〜4倍は写真をとっていると思います。

 

 

不意の事故にも対応できるようにApple Care+を!

僕のカメラのゴミは何かのタイミングで入ってしまったもののようですが、落としてしまったりということはよくあることです。

Apple Care+なら「操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき4,400円のサービス料で最大2回まで受けることができます」

 

分割払いの場合、過って落として壊れてしまっても、その後も端末代を払い続けなければなりません。

8800円でそういった悲しい思いをしなくて済むようになるなら加入すべきだと個人的には思っています。

今回のカメラのゴミはどういった経緯でついたか分からなかったので「修理代がかかったらどうしよう」と思っていましたが、Apple Care+に加入していたので、そこまで気に病むこともありませんでした。

 

iPhoneユーザーの方、入っておいたほうがいいですよ!