逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方

先日、松井選手が国民栄誉賞を受賞しましたね。

 

あえて選手と書いてます。物心ついて野球というものを見始めた時から松井秀喜は野球選手であり、まだ少しなれるまで時間がかかりそうです。

以前にも、伊集院静さんと松井選手について書いたことがありますが、書店で見かけたので買って、読み終えました。

130520_blog

「逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方」

 

視点が違う

書籍の中では伊集院さんと松井選手の出会いから引退までの交流や、伊集院さんと奥さんが暖かく松井選手の活躍を見守る姿が書かれています。

メジャーに行ってからの10年、伊集院さんと同じ思いで松井選手を眺めていた方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

僕は松井選手よりも10個以上年齢が離れているので、松井選手の印象は伊集院さんとは全く異なります。子供にとってのヒーローという見方です。

伊集院さんは、親が子を見るような目線で語っています。松井選手は、王・長嶋後に現れた特別な選手だったのだなということを再認識できました。

 

“若者” 松井秀喜

ベストセラーとなった「大人の流儀」を読むとわかりますが、伊集院さんは若者に手厳しいです。僕はそこにどこか愛がこもっていることを感じてしまうのですが。

そんな伊集院さんが手放しで称賛する松井選手。お2人の触れ合いが伝わってくる一冊です。スポーツニュースでは見ることのできない松井選手の一面が伊集院さんの視点を通して伝わってきます。

ちなみにMLB.comでは過去10年くらいの動画を見ることができます。松井選手のデビューやヤンキースタジアムでの初本塁打も収められています。

書籍の中で、いくつかの松井選手の名場面が取り上げられますが、それもここで確認することができます。書籍の中で取り上げられていたものを以下にピックアップしたので、気になったら見てください。

しかし、エンゼルス移籍後のチャンピオンリング贈呈式はたまらないですね。嬉し涙が出てきます。

 

書籍の中で取り上げられていたシーンへのリンクはこちら

・2003年4月8日 本拠地ヤンキースタジアムでメジャー初本塁打 を満塁弾で決める

・2003年10月16日 アメリカンリーグ リーグチャンピオンシップシリーズで宿敵レッドソックスの大エース ペドロ・マルチネスから追撃の2ベースヒット

・同じく2003年10月16日 ポサダのヒットで生還し珍しく感情を露にする松井選手

・2006年5月11日 レフトへの打球を処理した際に左手首を骨折

・2009年11月5日 ワールドシリーズ第6戦 宿敵ペドロから先制の2ランホームラン

・2009年11月5日 ワールドシリーズMVP受賞

・2009年 ワールドシリーズMVP まとめ

・2010年4月13日 エンゼルス移籍後 ヤンキースタジアムへ凱旋しチャンピオンリングを受け取り元チームメイトと旧交を温める

・2012年5月29 マイナー契約から這い上がりレイズデビュー戦で2ランホームラン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中