カテゴリー別アーカイブ: 写真

WWDC2013旅行記 〜帰国〜

あっという間に終わってしまったWWDC2013。

 

130618_blog

 

サンフランシスコの素晴らしい空気と開放感の中開催されたカンファレンス。

 

130618_blog3

世界中にいろんな人がいていろんなアプリが作られているということを肌で実感できました。

毎日毎日忙しかったのですが、観光もちゃっかりできてしまいました。

 

130618_blog5

定番のものにも乗ったし。

 

130618_blog4

 

 

 

 

 

130618_blog6

定番の場所にも行ったし。

 

 

130618_blog2

WWDCの4日めに行われた”bash”というイベントでは開放感のある屋外ライブで盛り上がりました。

 

130618_blog9

でもやっぱり一番うれしかったことはiOS7の発表に立ち会えたことです。

iPhoneが2007年に誕生してから最大の変更。

初めて参加したWWDCでそれに巡り会えたことは本当にラッキーだったなと思います。

 

また来年も行きたいな〜。

 

 

 

GRの説明書がPDFに

カメラを買ったら説明書をしばらく読むのが好きです。

 

常に持ち歩いてます、、、

130605_blog

この前GRを買ってからカバンの中には常に説明書を入れて電車の中で暇があったら読んでいます。

手に早くなじませるには機能を知ることも大切だな〜と思っています。

 

PDFでダウンロードできるように!

そんなGRの説明書がようやくPDFでダウンロードできるようになったようです。

うれしいですね。これでEvernoteに入れてiPad miniでも読むことができます。

荷物が減るので嬉しいですね。カバンを変えたりした時もiPhoneさえ持っていれば問題ありません。

 

梱包も減るので、こういう説明書類はどんどんPDFで配布するようになっていけばいいのにな〜と思っています。

 

RICOH GRで食べ物を撮りまして

GRを買ってから説明書を読み込んでいる@mo_to_44です。

さて、夜景はこの前撮ってみたので、食べ物はどんな感じでいけるのかと。

ちょうど飲みなどで外食の機会があったのでいくつか撮ってきました。

 

食べ物 その一

130531_02_blog1

鮎の塩焼き。

 

食べ物 その二

130531_02_blog2

海鮮和風オムライス。

 

食べ物 その三

130531_02_blog5

ビール!ビール!

 

食べ物 その四

130531_02_blog4

サラダ。

 

食べ物 その五

130531_02_blog3

カルビ。

 

こんな感じです。元々うまそうなものばっかりなんで、うまそうなのも当然なんですけど、やっぱいいっす。GR。

主張しない取り出しやすいサイズ。一眼だとちょっと仰々しくてカメラを出すのを控えてしまうんですが、サッと取り出してサッと撮れてしまう。

こういうのを待ってました。食べ物の写真増えそうだなぁ。

 

RICOH GRで夜景を撮りまして

WWDC2013へ参加した際にはGRでサンフランシスコの夜景も撮りたいと思っている@mo_to_44です。

GRを買ってから毎日写真を取っています。

 

最近あんまり写真を撮っていなかったこともあって、気軽に持ち歩けるGRはかなり気に入っています。

胸ポケットにもギリギリ入れられるサイズなので街歩きの際にとても重宝します。

先日、夜の渋谷に繰り出した際に時間ができたので何枚か撮ってきました。

 

渋谷の夜景 その一

130530_blog1

両方ともワイドコンバージョンレンズ付けて撮りました。Lightroomで現像。

中心というか、やはりココは撮りたくなってしまいますね。渋谷という街の騒々しさがよく表れている場所だと思います。

 

渋谷の夜景 その二

130530_blog2

 

日曜の夜だったからか意外と車の通りが少なかったです。個人的にはかまぼこ屋根がSF感を演出しているように感じていて好きです。

 

 

感想

いいですね。まだ絞りなどを調節するダイヤル式のUIに慣れていませんが、手に馴染んできた感じがします。

ホワイトバランスとエフェクトを組み合わせると結構面白い写真になったりするところも気に入っています。

ただ、何よりもこのサイズでこの描画力はビックリしますね。

 

いいですよ。GR。

RICOH GRを買いまして

6月にWWDC2013(アップルのイベント)に参加するのでナイスなコンデジを探していてGRに行き当たった @mo_to_44です。

一眼にしなかった理由は「結局APSCで単焦点の組み合わせしか使わないじゃん、オレ」です。

 

 

GRを発売日にゲット!

130525_blog0

いや〜たまんないっす。この外観。所有欲を満たしてくれます。

手にしっかりとAPSCの重みを感じることができます。

 

とにかく何にせよ撮った!

130525_blog1

色々と説明書を読み込んだりして使い始めたかったのですが、やっぱりとにかくシャッターを切りたかったので、、、。

時間に余裕を持って出かけたので、というか写真を撮りたくて早めに出たんですが、とにかく撮ってきました。

130525_blog8

ハイコントラストモノクロ。ハイコントラストすぎじゃないかと思ったんですが、いいっすね。

ムービーにもエフェクトをかけることができるので、これでムービー撮ったら面白そう、、、。

 

130525_blog2

うん。いつも一眼は標準画角の単焦点レンズを使っていたので、この広角は大満足。

 

130525_blog3

縦で撮ってみたり。

 

130525_blog5

雲のわずかなコントラストも楽しめます。

130525_blog7

雲が遮った光によってできた僅かな陰も見える。見えるぞ。

 

130525_blog6

とても気持ちのいい天気だったので波打ち際まで行って撮ってみたり。

あ、ちなみに言うまでもない気がしますがお台場です。

 

 

ワイドコンバージョンレンズはまだ

な〜んにも設定せずに撮りました。自分好みの設定をしていけば楽しいだろうな〜、なんて。

ワイドコンバージョンレンズも買ったので撮ったらUPしてみようと思います。

楽しい!

GRを予約 〜なぜ一眼にしなかったか〜

来月WWDC2013に参加する@mo_to_44です。

正直、一生に一度の機会だと思っているんです。金銭的・時間的な余裕、両面を考えると。

 

追記:2013年5月24日

GRは発売日にゲットできました!ちょいと風景も撮りました

 

 

荷物を軽く

ところで、旅行の時はなるべく荷物を少なめに抑えたいですよね。

一昨年はカンボジア、去年はベトナムへと旅行に行ってきたのですが、いつも気になっていたのがカメラの存在。

Eos Kiss X3に単焦点レンズという組み合わせで行ってきましたが、やっぱり重い。とりあえず重い。

次の海外旅行の時には軽めのカメラに買い換えようとずっと考えていました。

 

 

コンデジでもいいじゃん

んで、ここ1年ほどずっと考えていたのが「単焦点レンズしか着けないなら別に一眼レフじゃなくてもいいんじゃないか?」ということ。軽いですしね。

選択肢としてNEX-5もあったのですが、やはり「そもそも、ものぐさだからレンズ付け替えないし」ということが引っかかっていました。

「つまりセンサーさえデカければコンデジでもいいじゃん。」ということに気がついたのは一週間ほど前。

 

 

二匹のモンスター

一番最初にピンときたのはSONYのRX-1でした。コンデジにフルサイズの変態モンスターカメラ。こういうの大好き、、、。

しかし、価格が20万円超。コンデジなのに。

いやいやフルサイズにカールツァイスレンズということを考えると、むしろ安い。いや、でもコンデジだし。

色々と覚悟を決めようとRX-1について調べていたらGRに行き当たりました。

センサーがAPSCになり、動画もフルHDに対応。GR-1にはないワイドコンバージョンレンズまであるという、僕の欲求を満たすモンスターっぷり。

もうですね、とりあえず見に来ました。パンフレットだけでももらっておこうと。

 

 

すぐ予約しちゃった

結構人気で予約もどんどん入ってきているみたいでしたが、僕の行った家電量販店はそんなに予約が入っておらず、なおかつ店員さんが色々とサービスしてくれたので即決。

見るだけのつもりが前金まで払ってきちゃいました。今週受け取れると思うとワクワクしますね〜。

130520_2_blog

カメラの重さで写真からちょっと遠のいていましたが、このサイズならいつでも持ち歩けますね〜。

あ〜。早く触りたい!

 

追記:2013年5月24日

GRは発売日にゲットできました!ちょいと風景も撮りました

ARTISAN&ARTISTのカメラストラップ

一眼レフを使い始めて早くも3年が経ちます。といっても完全なアマチュアなんですけど。

機種の選定から始まり、カメラの使い方もロクにわからない状態からスタートしたので本を読み込んだりして手になじませるような感じで大量の失敗を繰り返しながらの3年でした。

 

カメラについて学んだことは意外にも趣味にとどまらなかったりして、写真以外にも映像周り、CG、アプリ開発等々、役に立っていたりします。そもそもカメラ用語が分からないと一時停止せざるを得なくなってしまいますし。

ほかにも一眼カメラが一般的になってきた今、これからカメラを始めようとする人に対していろんなアドバイスが出来たりします。機械に弱い人はセンサーについてあまり意識していないことがあるのでフォーサーズとAPS−C、フルサイズの違いくらいは教えてあげたいです。

それでも「何を撮りたい?」という質問って、まだカメラを持っていない人に対してはあまり適切じゃない気がします。ファインダー通して初めて興味が湧くものとかあったりするワケで、その辺が難しい気が。何にせよ使ってみないことには始まらなということなんでしょう。

 

僕は普段カメラを使うときの設定とか装備は決めています。

・レンズは換えるのが面倒なので明るくてキレイな標準画角の単焦点一本

・SDは動画も撮れるようにClass 10を使用、万が一失くしても被害を分散できるように8GBを2、3枚

こんな感じにしています。去年ベトナムに行ったのですが、その時もこの装備。

 

もちろん広大な景色を見た時に広角レンズだったらとか、遠くにわずかに見えるものに寄ってみたいという思いはありますが、自分の足で歩いて感じたままにシャッターを切るのって記録として残す以上の価値があると思っているので、不便さを感じつつも続けていくのかなと思います。

 

130127_blog

やたらと前置きが長くなりましたけど。使っているカメラストラップです。

3年前にカメラを買った時、Cannonのストラップじゃない方がいいな〜なんて思っていた時にネットで発見。銀座の松屋に入っていたので買いに行きました。

でも(確か)メイクボックスしか店頭には置いてなかったのでお店の方に聞いて、在庫を出してもらって決めました。

それ以来、変えることなく使い続けています。

 

シンプルで飽きのこない、主張し過ぎないデザイン。割と飽きっぽくて新しいものに変えたがりなんですけど、このストラップはは変えたいと思ったことがありません。

カメラを買い換えてもこのストラップだけは買えない気がする。

 

そんなお気に入りの一品です。