カテゴリー別アーカイブ: 渋谷

渋谷 「PABLO」の焼きたてチーズタルト<ミディアム>

最近、よくテレビでも取り上げられているチーズタルトの「PABLO」がたまたま空いていたので買って食べてみました。

 

平日は意外と空いている?

130623_blog1

月曜日に通りかかってみたら5人ほどしか並んでいませんでした。実家に土産物を買って行きたかったのでちょうど良いなと思い並びました。

レジまで5分ほどでした。

 

 

続々と焼きたてのチーズタルトができあがっていく様子が見れます!

130623_blog2

良い匂いとともにチーズタルトがどんどん焼き上がっていきます。焼印をつけるところも見られていいですね。

これは待っていてもそんなに退屈しないかもしれません。

 

130623_blog3

結構早めにレジへ。店員さんもテキパキと作業してお客さんを待たせないように、という気持ちが伝わってきました。

僕は焼きたてチーズタルトのミディアム(780円)を購入しました。値段的にはレア(780円)と食べ比べするのもいいかなと思いましたが、量的に多いかなと。

 

 

思っていたほどしつこくなくて美味!

130623_blog4

常温5〜6時間ということで帰ってすぐに食べました。

 

130623_blog5

 

プルプルと表面が揺れます。ミディアムでも普通のチーズケーキよりもかな〜りやわらかいです。

切り分けるのもそんなに難しくなかったです。

 

130623_blog6

 

切り口はこんな感じ。

こういうお菓子ってだいたいしつこくて1個食べ切らないうちに飽きてしまうのですが、これはそんなことはなかったですね。

テレビで結構やっているみたいなので、持って行ったら喜ばれると思います。

 

 

広告

西武渋谷店の「活」 〜回転寿司といって侮るなかれ〜

日本人といえばやはりお寿司ですよね。僕も大好きです。

存在自体知らなかったのですが、あの有名な美登利寿司の回転寿司「活」が西武渋谷A館の8階にあります。

 

 

その名も「活」

130609_blog0

不覚にも閉店間際の写真しか撮らなかったのですが、月曜の9時過ぎに行ったのにもかかわらず行列ができていました。

それでもお寿司が食べたかったのと、美登利寿司という名前のついたお寿司が本当においしいのか確かめたかったので並びました。

 

 

ごめんなさい。マジでおいしいです。そしてお手頃です。

本当に美味しいのかとか考えてましたけど、結論から言うとマジで美味しかったです。すみませんでした。

以下、お寿司の写真を並べていきます。

130609_blog7

タイムセールのような感じで特別なネタを提供してくれます。上の写真がそれです。

左側がキスのお寿司です。右側は忘れてしまいました、、、。

2つともごま油がついていてそのまま頂きました。

 

130609_blog6

こちらはふぐの天ぷら。揚げたてで提供してくれます。

回転寿司の揚げ物ってベチャッとした印象ですが、これは違いました。

いわゆる「外はサクッ。中はフワッ。」そのままでした。

 

130609_blog5

サーモン。この写真では伝わりづらいけど、ネタが大きいです!

 

130609_blog3

カリフォルニアロール。

 

130609_blog2

アジの刺身。日本酒に合いました。いけすから取り出して捌いてくれたので新鮮。

 

130609_blog1

5貫盛り。ネタが一つ切れていたため、ボタンエビを代わりに。いいですね。機転が利くというか。

これを見るだけでもお腹がすいてきます、、、。

 

130609_blog4

ドカッとネタが大きい穴子寿司。身がフワフワです。熱いうちに食べましょ。

 

と、まぁこんな感じで美味しさはお墨付きでしょう。

以上のほかにも味噌汁など数品を頼んでお酒も付けて2人で行って4000円ほど。

ネタの新鮮さや美味しさを考えたらそこらの居酒屋で飲むのより、ずっと良いと思います。

 

デートにもいいかもしれません。回転寿司といって侮るなかれ!とかいって一緒に行ったらいいとおもいます。

そのワケはもう一つあります。

 

 

美味しいのはきっと、、、

並んでいる時から思っていたのですが、このお店で働いている方たちすごく楽しそうに働いているんです

たまに一人で回転寿司に行くのですが、あまり活気を感じないことが多いです。

 

店の外で並んでいる間もタイムセールの掛け声とか、お店の中の活気あるやり取りが聞こえてきて楽しいです。

待っている時間も楽しめるのではないかと感じました。

 

やっぱり食べる時って雰囲気も大事ですしね。オススメです。

こういうお店はまた行きたいな〜と思います。

渋谷「虎視眈々」の「榛名地鶏の炭火焼定食・若鶏」

もはや個人的に渋谷随一のお気に入り店となった「虎視眈々」

再々度突入。目下狙いはランチメニューの制覇です。

 

前回は「榛名地鶏の炭火焼定食・親鶏」を頂いたので今回は「榛名地鶏の炭火焼定食・若鶏」を頂くことに。親鶏は歯ごたえ、若鶏は柔らかさが売り。

 

画像

 

今回もご飯大盛り。親鶏と付け合せは一緒です。

炭火で焼かれているのでとても香ばしいです。炭の香りも普通のお店で味わえませんし、やはり地鶏は違いますね。とても柔らかいです。

 

親鶏を食べた時は少し歯ごたえと闘っている感がありました(それがいいんですけど)。顎が疲れるほどの歯ごたえでした。

一方、若鶏はとても柔らかくご飯もスムーズに口に運ぶことができます。女性はこちらの方がいいかもしれませんね。

 

今回も大満足。次回はつくねたっぷり若鶏の炭火焼カレーにでもチャレンジしたいと思っています。

 

渋谷のごはんはこちらもオススメです。

渋谷「虎視眈々」の「榛名地鶏の炭火焼定食・親鶏」

先日、渋谷「虎視眈々」で「チキン南蛮」を食べてものすごく気に入ったので再度突入。

前回メニューを撮るのを忘れたので記録。

画像

正直、全部気になります。ですが次は「親鶏」を食べると前に来た時にメニューを見て決めていました。

親鶏は歯ごたえが楽しめるのがいいんです。ということですぐに注文。炭火焼なので少し時間がかかりました。

 

画像

今回はご飯大盛りで。サラダ、漬物、スープと言ったシンプルな定食。

 

ご飯大盛りにして正解でした。ちょっと塩気が濃いかな〜という印象。夜は居酒屋さんなので濃い目の味付けです。

でも、おいしい!柚子胡椒を付けて食べると風味と辛さがプラスされて変化が付けられます。

何よりも歯ごたえ。この歯ごたえが親鶏の最大の魅力だと思っています。ギリギリでコリコリまで行かない歯ごたえ。なかなか鶏肉では体験できません。

 

チキン南蛮に続きこちらも気に入りました。次は何を食べようかな〜。

 

渋谷のごはんはこちらもオススメ。

渋谷「東京油組総本店 渋谷組」の「油そばW盛り」

渋谷での食事で特に好きなのが「東京油組総本店 渋谷組」です。ついつい寄ってしまう。ガッツリと食べたいときはここです。

それでもだいたい行列ができていてあまり入れません。この日も昼時は行列ができていました。

 

夕方、夕食をとりに行こうと前を通りかかったら行列もなかったので突入。

W盛り680円にトッピングB300円を追加してガッツリと!

130114_blog1

見るだけで食欲がそそられますね〜。カウンターにおいてあるタマネギをタップリと入れて酢とラー油を入れてかき混ぜるのがマナー。

油そばの食べ方はカウンターに貼り付けられています。実はラーメンよりカロリーは2/3、塩分はなんと半分らしいです。ネーミングからラーメンよりもゴツいと思ってしまいがちですがスープがない分、塩分も少なくなるのでしょうね。

130114_blog2

混ぜたのがこちら。

130114_blog3

 

食べながらタマネギを入れ酢とラー油で調整、ということを繰り返しながら食します。グチャグチャと音を立てながら混ぜます。ここではそれがマナー。

W盛りは320グラムのボリュームですがあっという間に完食。

またふと食べたくなることでしょう。

 

渋谷でのごはんはこちらにも。

渋谷「はし田屋」の「チキン南蛮定食」

渋谷のチキン南蛮シリーズ。第3弾は「はし田屋」

画像

明治通沿いにあるお店です。東急南口から少し歩きます。

この通りは飲食店が並んでいて歩いているだけでもおなかが減ってきます。この辺で腹ごしらえして東口方面へ遊びに歩いていけば、いい腹ごなしになりますね。

日曜の昼時ということもあり、道中のお店には行列がチラホラ。駅からちょっとだけ歩くので「はし田屋」には行列はありませんでした。

ただ、中に入ってみるとカウンター席はほぼ埋まっていました。僕が入った後に続々とお客さんが入ってきました。2階席もあるみたいです。

さて、ランチメニューは以下の3つ。

画像

お目当てのチキン南蛮定食は限定30食。とりあえず780円は安いですね〜。

名物親子丼も非常に気になります。ほとんどのお客さんが親子丼を頼んでいたように思います。ぜひ食べたい。

丁寧に料理が作られているのが見え、カウンター席はやはりイイものだな、と思っているうちに出来上がってきました。

画像

一目見て思ったことは「はし田屋」のタルタルソースはとても黄色いです。

メニューを見返してみると「たっぷりの卵を使った濃厚タルタルソースをつけてどうぞ。」とあり、一口食べるとなるほど濃厚です。酸味をほどんど感じないタルタルソースは初めてです。胸肉を使っているので歯ごたえがいいです。南蛮酢はまとまった味。

チキン南蛮は甘さ・酸っぱさで舌を刺激してご飯をすすめる料理という印象なんですが、「はし田屋」のチキン南蛮はとても上品な味でした。

なるほどこういうチキン南蛮もあるのだな、と考えさせられる味。

 

渋谷のチキン南蛮シリーズはこちらも

1. 渋谷「魚山亭(ぎょっさんてい)」の「ちきん南蛮定食」

2. 渋谷「虎視眈々」の「チキン南蛮」

渋谷「虎視眈々」の「チキン南蛮」

朝一で映画を見たあとのランチ。渋谷をブラブラしていたら、ふとチキン南蛮が食べたくなりました。すぐに検索。

130108_blog1

見つけたのは宇田川町の「虎視眈々」。前に「しゃべくり007」で紹介されて人気が出たみたいですね。

お目当ての「チキン南蛮」は限定30食!ということで入ってなかったらどうしよう、こっちの胃の中はチキン南蛮用に仕上がってるのに、、、と思っていたのですが平日の昼前ということもあり、まだありました。

このお店、他にも気になるメニューがあってチキン南蛮用に仕上がっている胃を無視して別のにしようか迷ったのですが、初志貫徹で「チキン南蛮」。

セットの内容は、メインのチキン南蛮に少なめの野菜、ご飯、鶏のダシをとったと思われる卵スープ?、それと漬物。

ご飯は大盛り無料。でも普通盛りにしておきました。自制心、自制心。

130108_blog2

とりあえず、うまい。マジでうまい。

とにかく鶏肉がジューシー。漬けダレが少し漬かっていないかな?と思いきや、タルタルソースをかけて食べることを考えての塩梅と思われます。

タルタルソースは酸味が効いてチキン南蛮のタレとの相性がバツグン。

そしてスープはダシが良くとれていて、チキン南蛮という濃い目のメインディッシュに最高のスープです。

もう本当にあっという間に完食。満足。大満足。

絶対また来ます。確実に。渋谷に来たら真っ先に思い浮かべるレベルです。

他にも地鶏を使ったランチがあり、そちらも必ずや試したいと思っています。

いい店を見つけた、、、!

渋谷で食べたチキン南蛮ではこちらもオススメです。